コンサルティング・マーケティングから制作・メディア戦略まで ― 株式会社 弘報舘

沿革

1951年(昭和26年) 4月
民間放送の開局に向け、大阪市内で広告代理店を創業。
1951年(昭和26年) 9月
民間ラジオ放送開始とともに、公営競技の番組プロデュースに携わる。
1954年(昭和29年) 4月
東京へ進出し営業所開設(現:東京支社)、公営競技番組の放送開始。
1955年(昭和30年) 2月
大阪市西区に「株式会社 弘報舘」を設立。
1968年(昭和43年) 4月
公営競技場内における監視カメラシステム・場内TV放送システム等の設計・施工・運営業務を始める。
1973年(昭和48年) 3月
東海分室を開設、その後東海支局へ改称。
1990年(平成 2年)10月
業務拡大に伴い東海支局を昇格、名古屋支社開設。
1991年(平成 3年) 9月
放送番組を中心とする映像制作会社「株式会社 コムハウス」を設立。
1995年(平成 7年) 3月
設立40周年を機に本社を現住所(大阪市北区堂島浜)に移転。
2000年(平成12年) 1月
映像システム及びIT関連への事業展開の充実を図るため、情報システム担当部署を新設。
2015年(平成27年) 2月
会社設立60周年を迎える。